子どものための出張講座・参加校募集

令和3年度出張講座「学校博物館」募集要項

令和3年度出張講座「学校博物館」募集要項

 

  • 事業の概要

あいち朝日遺跡ミュージアムの学芸員が、朝日遺跡出土の土器や石器を学校に運び入れて、1日だけの「博物館」を開館します。

当日は、朝日遺跡の出土品を展示し、パワーポイントやパネルで弥生時代と朝日遺跡を紹介するとともに、復元した農具を持ってみたり、本物の土器や石器に触れてみたりしながら、弥生時代の生活を体感していただきます。

 

2実施方法

  • 対象

・小学校6年生を対象として、2021年12月から2022年3月までの間に5校程度。

(2)内容と所要時間

・プランA(45分程度)

パワーポイント等による全体説明・土器や石器に触れてみる体験

・プランB(90分程度)

プランAに加え、舞錐法による「火起こし」 (摩擦の力で火種を作る)を体験

(3)実施の単位(原則として「クラス」とします)

・2クラスの場合、全体説明後、「触れてみる」と「体験」を同時展開することにより、2時限でプランBの実施が可能です。

・3クラスの場合、2分割(各60人程度まで)していただけば、上記と同じ対応が可能です。

 

当日のスケジュール(例)

内 容 A(分) B(分) 備 考
事前準備 機材設置・展示 45 45 担当教諭との打ち合せを含む
講 座 全体説明 15 15 パワーポイント・パネル等を使用
展示品の説明・注意 土器や石器の扱い方について
「触れてみる」体験 20 20 展示品を順番に
(入れ替え・移動) 屋外廊下等「火」を扱える場所に
火起こしの説明 用具の使い方等
「火起こし」体験 35 1グループ数人~10人程度を想定
まとめと質問 学芸員が質問にお答えします
(計) 45 90
撤 収 30 30 梱包・搬出

・火起こし体験については屋外の廊下等、火気の使用ができる場所で実施します。

・プランBのときは、3・4、5・6限等、連続する2時限を指定願います。

 

 

 

3 準備等

(1)学校側で準備していただきたいもの

・会場‥体育館、または特別教室等(普通教室2部屋分程度の大きさ)

※火起こし体験を実施するときは火気の使用ができる場所

・出土品展示用長机‥会議用の机(3脚程度)

・パワーポイント用スクリーンもしくはモニター(出力用ケーブルとも)

(2)ミュージアム側で準備するもの

・パソコン・パワーポイントプロジェクター、レーザーポインター、説明パネル等

・展示用の土器・石器、復元農具等などの資料

 

4 募集方法

  • 応募から実施までの流れ

・応 募 <申込用紙はこちら PDFファイル>

各小学校→あいち朝日遺跡ミュージアム(まずはご連絡ください)

・実施連絡 あいち朝日遺跡ミュージアム→各小学校(TEL・メール等)

・打合せ 当館⇔担当教諭(当館または実施校で) 〔1カ月~2週間前〕

・実施当日 学芸員を含む2名で訪問します。

  • 実施可能日(第2希望まで記入してください。)
年・月 実 施 可 能 日
2021年12月 7(火)/14(火)/15(水)/21(火)/23(木)
2022年 1月 12(水)/13(木)/18(火)/19(水)/20(木)/25(火)/26(水)/27(木)
2022年 2月 1(火)/2(水)/3(木)/8(火)/9(水)/10(木)/15(火)/16(水)/17(木)/23(水)

/24(木)

2022年 3月 1(火)/2(水)/3(木)/8(火)/9(水)/10(木)/15(火)/16(水)/17(木)

・親子行事等で、土日祝日等での開催を希望される学校は別途ご相談ください。

 

[担当者連絡先]

あいち朝日遺跡ミュージアム 指定管理者 エリアワン株式会社

事業企画責任者 水野 剛

電話(代表) : 052-409-1467

メール    : mizuno-takeshi@area-1.jp

あさひムラ・ムラづくり一覧に戻る